インフルエンザ到来


我が家にインフルエンザがきました。
喜ばしい客ではないですが、来てしまいました。

スポンサード・リンク

それも、生まれてこの方一度もかかったことのない旦那に、初めてインフルエンザの魔の手が…。
かなり打撃を受けてるようで、なんとも言えない体の痛さにただただ耐えてるようです。

発症したのは昨日の夕方ぐらい。
「風邪ひいたかも。」と鼻声で話しかけてきて、いつもなら冬でも薄着の旦那が、3枚〜4枚着こみ始めたので「これはタダゴトじゃない!」と。案の定、かかりつけの病院に行って検査してもらうとインフルエンザと言われたようで、迎えに行くまで誰もこない処置室に隔離されてたようです。

で、具合が悪いのは旦那だけじゃありませんでした!

旦那が病院にかかったのが午後2時ぐらい。病院側の都合で午後から来てくださいと言われ、子供たちの帰宅時間と重なるので、私は主人を病院に連れて行き、速攻買い物して子供たちが小学校から帰ってきたら主人のお迎えに行くはずだったんだけど、家に着いてしばらくすると「診察終わったから帰れるよ。」と電話があり、小学校から帰ってくるまでに30分ぐらいあったので、先に旦那のお迎えに…と家を出ろうとした時に電話。

小学校からでした。
「次女さんが昼休み頃から具合が悪く、歩いて帰るのがキツイらしいのでお迎えに来てもらっていいですか?」とのこと。
「はい!今すぐ行きます!」とちょうど出るところだったので即答し、旦那にそのことを電話し、そのまま小学校へ。

保健室に入ると…吐いてました。

3女も一緒に連れて帰ると伝えていたので、保健室に居たのですが、もうタダゴトじゃない様子。

すぐ病院連れてかなきゃ!と「キツかったね、帰ろう。」と次女に話しかけましたが顔が真っ青。
次女の顔を見て少しパニックになりかけましたが、冷静に考えなおし、今から旦那を迎えに行ったりして車に乗せて連れまわすより、保健室で休ませてもらってたほうがいいんじゃないかと考えなおし、保健室の先生に事情を話ししばらく休ませてもらうことに。

その後は、3女を連れて旦那を迎えに行き、会計を済ませ、薬局に行って薬をもらうまでに約45分。※初めてのインフルエンザで「リレンザ」の使い方のレクチャーや旦那のいつものお薬をつくるのにかなり時間がかかりました。

その後、次女が悪くて病院に行くんだったら4女の保育園にお迎えができなくなるので先に行かなきゃ!ってことで、急遽、4女のお迎えも入り、再び小学校に着いたのが一時間後。

心配で心配で急いで保健室に行くと…暖かい布団の中でよく眠ってたようでした。※吐きまくってるんじゃないかと心配でしたが、顔色も戻ってて少し安心しました。

で、その後旦那や次女以外の娘たちを家に降ろし、小児科へ。

結果、感染性胃腸炎だろうということでした。
※お腹が張ってて浣腸したら上からも下からも全部出た感じで、その後は笑顔に。

帰宅後、旦那はさすがにぐったり。
次女は、少し微熱が続いてるものの寝こむほどではなく、暴れてるみたいですが…。

インフルエンザ〜〜〜〜!頼むから早く出てってください。

とデッカイ声で叫びたいです。

Share

《 続けて読みたい関連記事 》

>>>トップページに戻る