インフルエンザ、一応終局?


さて、我が家のインフルエンザ騒動も一応終局を迎えつつあるみたいです。

スポンサード・リンク

先週の火曜日に旦那が発熱、翌日病院でインフルエンザと診断され、次女も同日嘔吐で体調を崩し、週末には長女も発熱、次女も微熱続きで一緒に受診するとやはりインフルエンザだった!と、一気に3人がインフルエンザ罹患者となった我が家でしたが、そろそろやっと終局を迎えつつあるみたいです。

感染症などにかかった場合の出席停止について、H24年4月から法令が改正され、
発症日を0日として、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで、この期間は「出席停止」として欠席にはならないけれども、自己判断で登校できないという決まりがあります。

【詳細】参考サイト:
学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令の施行について(通知)

学校からの「ほけんだより」などにも度々書かれているので、発症後2日で平熱に戻った長女は「学校行きたいのに〜!」と騒いでましたが、これでもかぁ〜!ってぐらいカレンダーで数を数えて納得させるのに一苦労でした。

とまぁ、思ったより重症化しなかったことを良しとし、家族内の感染を半分でおさめることができたので少しホっとしてることはしてるのですが…今日の夕方のニュースを見て唖然。

TKU熊本のニュース
http://www.tku.co.jp/tku2012/news#!prettyPhoto[iframes]/0/
http://www.tku.co.jp/tku2012/news_article/インフルエンザ患者報告数「注意報レベルを超え

我が家からインフルエンザ罹患者がいなくなったといっても、まだ私を含む家族の半分はかかってもないわけだし、インフルエンザもA型やB型があるわけだから、まだまだ侮れません。ノロだって流行ってるし、他の感染症もいっぱい…。

長女は、やっと明日から登校できる♪って嬉しそうに友だちにメールしてたみたいだけど、反対に友だちが発熱とか気分悪くて早退した!とかって聞いたみたいで、友だちと入れ替わりってのもいたく寂しいようです。

ひとまず、お粥&2〜3時間おきの体温測定は休息って感じですが、引き続き、加湿器も使って湿度を保ちつつマスク着用と手洗いうがいの励行ってことで、予防は続けていこうと思います。

それにしても、今年の流行は目に見えて激しい気がします。

この理由のひとつに、やはり景気を考えずにはいられません。

なぜかというと、我が家今年は予防接種を受けてなかったのです。経済的に余裕が無くて。昨年までは「命に替えられない」と里の母からの援助もあって予防接種だけは家族全員受けてたのですが、今年はさすがに断念しました。皮肉なことに、あっという間にかかってしまいました。

だからといって予防接種を受けても、かかるときはかかるんですけどね。長女は予防接種受けてたにもかかわらず、A型B型両方かかったことがあります。※私はここ数年、検査ではひっかかりません。ただ「疲労」なのか、発熱なしでダウンしますが。

我が家だけでなく、そのような経済的な理由で予防接種を受けることができず、いつもならかからないはずの人も感染し、やむなくインフルエンザの流行を拡大させてるんじゃないかと思えて仕方ないのは私だけなのでしょうか。

これ以上拡大しないよう祈るばかりです。

Share

《 続けて読みたい関連記事 》

>>>トップページに戻る