インフルエンザ終結に向かって


日曜日に発症したインフルエンザ(B型)ですが、5日目にしてやっと平熱に戻り、終わりを迎えそうです。

スポンサード・リンク

昨日のお昼まで解熱剤が切れると39度を超え、身体中に痛みが走り、寝ても起きても辛い状況だったのですが、昨日点滴を打ってもらってずいぶん楽になりました。

が、しかし…今回のインフルエンザはかなりこたえました。

3女と4女も一緒に寝てたけど、「喉が渇いた」って言われてもすぐに動けない自分がとっても悔しかった。3人をずっと看病してくれた主人と、学校から帰宅後夕食をつくってくれた長女に心からありがとうを言いたいです。
長女へ お粥、とっても美味しかったよ。

それにしてもピーク時の身体は、火だるまのように熱く、それなのに寒気で布団から出られず、歩くと壁に向かって斜めに進む状況で、もうろうとした意識の中、真面目に「死にたくない」「今、死んだら化けて出てやる」ってずっと考えてました。
※心配して様子をみにくる次女が「ママ、死なないでね」って言うもんだから、「そう簡単に死ねるか〜」って。

おかげさまで、今こうしてブログが書けるまでになりました。ただそれは当たり前のことでなく、まわりのみんなのおかげなんだな、と、心より感謝の気持ちでいっぱいです。

あと2〜3日は安静ですが、元気になったらすることがいっぱいです。
それは…日曜日が長女の誕生日で、今日が旦那の誕生日だったから。

はやく元気になって、ケーキでお祝いしなくちゃ☆そして、感謝の気持ちも込めて。

ありがとう。

Share

《 続けて読みたい関連記事 》

>>>トップページに戻る