子どもと私 そして家族


今さらなんですが。

私には娘が4人います。いるというか、産みました。そして旦那がいます。もちろん、娘たちの父親です。
で、何か?といいますと、「子供、たくさんいて良かったなぁ〜」と今さらながらに思うのです。

スポンサード・リンク

私、ただいま42歳。長女を出産したのは29歳の時でした。結婚は25歳で、子供を授かりにくい体質だったので不妊治療をしての出産でした。なので、あまり早くありません。そして、末っ子の4女を産んだのが36歳の時。そう、高齢出産です。だから、今はもうあちこち体にガタがきていて、自分が思うほど若くないんだなぁ〜と実感する毎日が続いています。

若いころは、一人暮らしをしていたこともあったので、一人でいることに「寂しい」と感じたことがなかったように思いますが、近頃、ふと思うんです。一人じゃ寂しいなぁと。

2月に、インフルエンザB型にかかったことは、前回の更新でお伝えしましたが、その時も3女と4女が一緒に熱を出し、となりで寝ていたので、体中痛くてキツかったけど、なんとなくそばで寝ている子供たちのぬくもりを直に感じて、ツラいけど嬉しかった(なんか表現が変ですが)気がします。

そして、当たり前なんですが、昼間は子供たちが学校に行ってて旦那も仕事で、私も仕事で一人なんだけど、学校が終わって子供たちが1人、2人、3人…そして旦那と末っ子も保育園から帰宅し、一気にワイワイガヤガヤやかましくなってくると、収集がつかず「しずかにしなさ〜〜い!」と叫んでるわりに、そのやかましさが心地よかったりします。

私って、こんなに寂しがり屋だったかな?

なんて、ふと考えたりします。

私が寂しがり屋かどうかという問題はさておき、確かに家族が多いことは良いことです。
家族が多いと、色んな意味でお金もかかるし、食べる心配や病気の心配、わがまま言ったり、姉妹で喧嘩したり、食べ物争いで親子喧嘩したりする光景もみられて呆れてものが言えない時もあるけど、そんな他愛のない普通の日常が微笑ましく、気がつくと薄ら笑いしながら癒されてたりもするんです。

私、女性で良かったなぁ、そして出産して良かったなぁと。
何より、旦那と出会えて良かったなぁ、そう、今さらながらに思ったりします。

子どもと私 そして家族
何にもかえられない宝物です。

今週で2月も終わり、そしてあっという間の3月。もう春はすぐそこなんですね。
春は新しい出会いもあるけど、その前にお別れもあります。それで、こんなセンチメンタルな気持になってるのかもしれないですね。

Share

《 続けて読みたい関連記事 》

>>>トップページに戻る